お役立ちブログ

ウェディングプランナーに聞く!結婚式の和装の種類とは?

wafuku-shurui結婚式を挙げることが決まると、どんなものにしようかなと考えるのが楽しみの1つでもある『衣装』。
結婚式を挙げられるほとんどの皆さんが着る純白のウエディングドレスの他にも、カラードレスや和装などがありますが、和装ってどんな種類があるの?と思う方もいるはず。
この記事では、新婦が結婚式で着る和装について、ご紹介いたします。

昔ながらの正統派はコレ!『白無垢』

和婚ブームの影響!?

結婚式で和装と言えば、きっとおばあちゃんも着たであろう、白無垢。
和婚ブームもあって、今の若い人達の中にも白無垢を着たい!という人が一定数いらっしゃいます。

また、最近の芸能人の方ですと、神田うのさん、鈴木紗理奈さん、沢尻エリカさんなどもご自身の挙式で白無垢をお召しになっています。

白無垢とは、その名の通り、表裏白1色で仕立てた真っ白な着物で、「無垢」という言葉には「けがれのない」という意味があります。
また、白はやはり神聖な色ですので、白無垢は花嫁衣裳の中でも一番格が高い衣装です。

白無垢 ✕ 洋髪スタイル

白無垢といえば、頭には文金高島田のカツラをつけ、綿帽子という正面から見ると頭の上が丸い形をしている大きな帽子をかぶるという姿が王道で印象的かと思いますが、その他にも綿帽子はかぶらずにカツラに角隠しを合わせたり、最近では白無垢でも洋髪スタイルでお式を行う方もいらっしゃいます。

綿帽子にはウエディングドレスで言う「ベール」と同じく、「新郎以外の人に花嫁の顔を見られないように隠す」という意味合いがありますので、それを考えると挙式ではやはり付けておきたいですね。

神前式や仏前式を検討されている人にはぜひオススメしたい白無垢。
白無垢はお色直しで着るというのが場面的に難しいので、本番当日はお式で着る以外に着る機会がないお衣装になってしまうからです。

そのほか、親御様から「和装を着てほしい」と言われているけど、式は教会式でやりたい・・・とお考えの方には、前撮りなどを行って白無垢を着るという方法もあります。

誰が着ても美しい仕上がりになる白無垢+綿帽子の組み合わせは、写真に残しておけばきっと後悔しないはずです。

白無垢はちょっと・・・な方には、『色打掛』

最近ではピンクや青や緑などのお色打掛もある

色打掛というお衣装は、『白無垢』で一番上に着るお着物(打掛)に色がついているタイプになります。
色打掛というとお色は赤が王道ですが、最近ではピンクや青や緑などのお色の打掛もあり、好みに合わせて選べるようになってきました。

色打掛には、華やかな柄が入っているので、白無垢とはまた違った美しさがあります。
昔は色打掛も白無垢と同じく文金高島田のカツラと角隠しを合わせてお召しになることが一般的でしたが、今は色打掛ですと洋髪スタイルをお選びになる方も多い印象です。

色打掛の特徴

白無垢に比べると、色打掛は華やかで色味によって個性も出しやすいという少し砕けたイメージがありますので、同じ和装でも白無垢と比べると洋髪と合わせやすいのかもしれません。
色打掛は上記の通り、白無垢の一番上に着ている打掛の色がついているものですので、白無垢の白い打掛を脱いで、色がついている打掛を着る『掛け替え』を行えば、白無垢からの衣装チェンジがものの数分でできます。

そうすることで挙式は白無垢、披露宴前に色打掛に掛け替えして披露宴をスタートするということが可能です。
また、人前式で和装を着たいという方は色打掛で行うこともあります。

白無垢ですとどうしても人前式よりは神前式や仏前式というかしこまったイメージですが、色打掛の場合は人前式でも雰囲気と合います。もちろん、色打掛は神前式でも使用できるお衣装ですので、こういう面でも白無垢に比べると、どちらでも合う自由な感じを出しやすいのが色打掛の特徴と言えるでしょう。

白無垢に興味はあるけど、カツラはつけたくない・・・あまり固すぎる雰囲気にはしたくない・・・という方にとっては、色打掛がピッタリなのではないでしょうか。

かっこよさを出したい!という方には『引き振袖』

これまでにご紹介した2つの和装は、一番上の打掛の色が違うだけで着ているものは同じお衣装でしたが、3つ目にご紹介するのは今までとはちょっと変わった引き振袖です。

結婚式で着る引き振袖は何が違う?

振袖というと成人式で着るのでイメージもしやすいかと思いますが、結婚式で着る引き振袖は、「おひきずり」「大振袖」とも呼ばれ、普通の振袖と比べて裾がとても大きく、床に裾を引いているのが特徴です。

白無垢や色打掛で着る「打掛」は、足元が絡まないように下の方が少し厚めに作られていますが、そのボリュームが好きじゃないという方は、引き振袖のような細身で軽い和装を選択すると良いと思います。

結婚式では引き振袖は黒色のものを使用するのが正式ですが、最近では色のバリエーションも多く、好きな色にするという方が増えてきました。

柄も色打掛同様、とても華やかで縁起の良い柄が入っているので、細身でスタイリッシュなカッコよさを持ちながらも華やかさも出せるという良いところがあります。
また、帯の柄や結び方をアレンジしたりすることによって、より素敵になります。

引き振袖 ✕ 洋髪スタイル

引き振袖の場合は、カツラではなく洋髪スタイルにすることがほとんどです。
引き振袖の洋髪スタイルも様々ありますので、メイクリハーサルの時などにはしっかりイメージを伝えられるように、事前に自分がやりたいスタイルを調べておきましょう。

関連記事一覧

PAGE TOP