お役立ちブログ

結婚式で両親にプレゼントする記念品の予算相場と定番アイテム

present-commemoration結婚式では一般的に両親へ花束をプレゼントすることが多いですが、近年では花束に加えて、別の記念品をプレゼントするケースが増えてきています。いままでの感謝の気持ちを込めた記念品には、どのくらいの予算で、何が選ばれているのでしょうか。

今回は結婚式で両親にプレゼントする記念品の予算相場と定番アイテムについてご紹介します。

両親への記念品プレゼントの予算相場

記念品プレゼントの予算相場は大体1万円~2万円となっています。花束に加えてプレゼントするため、少し安めに設定するカップルが多いようです。

プレゼントする意図としては、いままで育ててもらったことへの感謝や、これから始まる両親二人の時間を楽しんで欲しい、というものが多いようです。
こちらを参考にして簡単なメッセージカードを添えても良いかもしれません。

両親へプレゼントする記念品の定番アイテム

両親へプレゼントする記念品は大きく2つのタイプに分類されるようです。結婚式を記念したものと、結婚式を節目として感謝の品を送るものです。

結婚式を記念したプレゼント

両親も寂しさはあっても、子どもの結婚は嬉しいものです。結婚式の記念品が残れば、両親が友人に自慢する際にも喜ばれるはず。
結婚式の記念として渡すプレゼントには下記のようなものが多く選ばれます。

・デジタルフォトフレーム
・体重ドール
・体重米
・サンクスボード

デジタルフォトフレームには、結婚式で撮影した写真や、これまでに撮影してきた家族写真などを入れてプレゼントすると喜ばれます。結婚式当日に写真が間に合わない場合は、後から結婚式での写真を加えたメモリーカードを渡してもいいでしょう。

体重ドールや体重米は、ご自身が生まれた時の体重と同じ重さのぬいぐるみやお米をプレゼントするものです。両親としては生まれた時の喜びと、結婚式を喜ぶ気持ちが相まって、感動を蘇らせることができるため、感動を残したいという気持ちが強い場合はおすすめできます。

サンクスボードは手作りすることで、温かみのあるプレゼントになります。ただし、自分で手作りが難しいと感じる場合には、あまりおすすめできません。結婚式の準備は非常に忙しくなるため、あまり作成に時間をかけるのは大変になってしまうかもしれません。

結婚式を節目として感謝を伝えるプレゼント

上述のプレゼントも感謝の気持ちを伝える意図は変わりありませんが、記念品という意味合いが強いプレゼントです。こちらでは、記念品ではなくても喜ばれる定番プレゼントをご紹介します。

両親二人の時間を楽しんでもらう定番プレゼントとしては、国内旅行があります。北海道や沖縄となると、予算オーバーになってしまうかもしれませんが、都内なら箱根や熱海など、遠すぎずに羽を伸ばせる場所を選ぶと良いでしょう。

また、新しい時間が始まるという意味合いを込めて、時計をプレゼントするケースもあるようです。家族写真を背景にしたオリジナル時計を作るサービスなどもあるので、そちらを検討してみてもいいかもしれません。

とはいえプレゼントしなくてもOK

上記で記念品のプレゼントについてご紹介してきましたが、結婚式でのプレゼントは花束のみでも問題ありません。何よりも両親へ感謝の気持ちを伝えることが重要です。

結婚式ではこうしなければならないという決まりはありませんので、フランクにどうしたら両親が喜んでくれるかという視点を持って考えていきます。
予算をかけずに写真だけ送る、結婚式終了後に再度電話で感謝の気持ちを伝えるなど、気負わず、自由な対応で大丈夫です。

まとめ

・結婚式で両親にプレゼントする記念品の予算相場は1~2万円。
・感謝の気持ちがあれば、どんなプレゼントでもOK!

上記を参考にしてこれまで見守り、育ててきてくれた両親に感謝の気持ちを伝えてみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP