お役立ちブログ

披露宴のお色直しの和装は何がいい?4種類を比較してみた!

wafuku結婚式といえばウエディングドレス!というイメージが強くありますが、最近はお色直しに和装を選択する花嫁さんが急上昇していると言われています。
お色直しに着る和服の種類とは?また、それぞれの特徴についても合わせてご紹介します。

お色直しに和服が人気の理由

お色直しは結婚式の醍醐味の1つでもありますが、2着目のお色直しに何を着たら良いか分からないという花嫁さんも多いことでしょう。
そんなときに、「来てくれたゲストをビックリさせたい」「普段では着られない和服を選びたい」という気持ちにぴったりなのが和装です。

もちろん、カラードレスも魅力的ですが、カラーによっては友達とかぶってしまった…といったこともあるでしょう。
その点和服であれば、人と同じになることなく、普段とは違う自分を見せることができると人気が高まっているのです。

大人婚に人気の和婚とは?

大人カップルの結婚、大人婚には、日本の伝統を重んじ、日本の要素を取り入れた『和婚』に人気が集まっています。

キリスト教式の結婚式が主流だからこそ、日本人らしさをアピールできる和婚は他の結婚式とは一味違った良さがあるのです。

元々着物は日本人の体型に合わせた衣装ということもあり、日本人が最も美しく見える服装とは和装だと言われています。
自分たちに似合う衣装で、自分たちらしさを表現できる式の形として和婚が人気なのです。

和婚は全てを日本式にこだわる必要はなく、日本独自の風習や衣装を取り入れることで伝統ある結婚式となります。

1、和装の衣装 白無垢

白無垢は、打掛から掛下、帯や小物に至るまでの全てを白で揃えたものです。

汚れのない白は花嫁の無垢な純真さを表し、「嫁ぎ先の色に染まる」という意味があります。
一般的に頭には角隠しもしくは綿帽子をつけます。

一生に一度、結婚する時にしか着ることができないとされている白無垢は、日本人なら一度は着てみたいと思うもの。

日本人ならではの奥ゆかしさ、美しさ、繊細さを表現できる衣装なのです。
最近では女優などの有名人の方も白無垢での結婚式を行うことが多く、白無垢姿に憧れる女性も増加しつつあります。

2、和装の衣装 色打掛

白無垢の打掛以外を色打掛のことをいい、掛下の上に色鮮やかなものを羽織ります。
もともと色打掛は、白無垢に次ぐ格式の衣装とされていましたが、現在は白無垢と同格といわれています。

色鮮やかで華やかな色や模様は他にはない美しさです。
色によって全く違った雰囲気になることができるという魅力もあります。

ウエディングドレスの後のお色直しに色打掛を選ぶ人が多く、そのイメージの違いにゲストの方々も思わず息をのんでしまうでしょう。

3、和装の衣装 振袖

振袖は未婚女性の第一礼装と言われています。
翌日から人妻となる女性にとって、結婚式のお色直しは振袖を着る最後のチャンスです。

花嫁さんの中には、お母さんやおばあさんから代々受け継いだ振袖をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。
家族の前でその伝統ある振袖を着ることができることは親孝行・家族孝行ともいうことができるでしょう。

4、和装の衣装 半襟

人気の高い和装ですが、他の花嫁さんと差をつけたい!という方には、半襟がおすすめです。

あまり馴染みのない『半襟』ですが、色打掛などの華やかな着物にも負けない大柄刺繍やモチーフが施されていることが多く、花嫁の首元をさらにあでやかに飾ります。

和装ならではのヘアスタイルも人気の理由

かつては、白無垢=文金高島田に綿帽子、打掛=角隠しといった定番スタイルが一般的でしたが、最近の和装には、洋のイメージを取り入れたヘアスタイルを合わせることが主流となっています。
中には、洋風の刺繍やレース、オーガンジーを取り入れた洋風綿帽子もありますよ。

髪飾りに生花を用いるスタイルも人気があります。洋風イメージの強い花冠やリボンも意外と和装に合うということには驚きです。

つまり、和装だからこうしないといけない!というかつての決まりなどはなく、自由に自分らしいスタイルこそが、和装・洋装を問わないスタイルとなっているのです。

結婚式で和装をする問題点とは?

和装は、ドレスと比較するとお色直しに要する時間が長いと言われています。
「ゲストとなるべく長い時間を共にしたい」という花嫁さんは和服を敬遠しがちなようです。

時間を最小限に抑えるためには、「ヘアメイクを大幅にチェンジしない」や「中座の時間にゲストに楽しんでもらえるもてなしを考える」などの工夫をすると、和服にもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

まとめ

一生に何度とない結婚式、せっかく日本人に生まれたからには、日本独自のものを取り入れたいという思いは、誰もがもっているのではないでしょうか。

ウエディングドレスにカラードレスという結婚式の定番ももちろん良いですが、和装で会場にいる親族の方々やゲストを笑顔にするというのも素敵なプランです。
お色直しに和装であれば、挙式や式場も選びやすいという点においてオススメです。

是非、お似合いの和装を見つけてみてください。
きっと一生記憶に残る結婚式となることでしょう。

関連記事一覧

PAGE TOP