お役立ちブログ

結婚式二次会で余興・ゲームがない方がゲストが喜ぶ理由は?

nijikai-yokyo-gameウェディングプランナーとして日々お客様と関わっていると、結婚式や披露宴だけではなく二次会についてのご相談を受ける時があります。その中のひとつとしてよく聞かれるのが、「進行」です。
ご招待したゲストの皆様に楽しんでもらうために何か演出や余興などを入れた方が良いのではないかと一生懸命に考えていらっしゃることがあるのですが、実は演出や余興などがない方が良いという場合もあるのです。
この記事では現役ウェディングプランナーが、「二次会で余興・ゲームがない方がゲストが喜ぶ理由」をご紹介いたします。

主役のお2人とお話ししたいというゲストもいる

二次会にご参加されるゲストの中には、主役である新郎新婦のお2人と久しぶりに会うという方もいらっしゃる場合があります。
そういう方達は新郎新婦のお2人と一緒にお写真を撮ったり、いろいろお話ししたりしたいと思っていることが多いです。

二次会だけではなくご披露宴もそうですが、あまり進行が詰め詰めになっていると新郎新婦と写真を撮ったりお話しをする時間がなく残念だったというお声を聞くこともあります。

新郎新婦お2人のご結婚をお祝いしに来てくださるゲストとしては、ゲームや余興などイベント満載のパーティも楽しいけれど、やはりお2人と話したいと思うのではないでしょうか。

ゲームなどがあると会費が高くなってしまいがちである

新郎新婦のお2人が全部自腹でゲームの景品などをご用意される場合は当てはまりませんが、会費の中に料理・飲み物だけではなく会場費や景品などの演出費も含めてお考えになる場合はどうしても会費の設定が高くなってしまいがちです。

首都圏ですと会費が1万円ということもありますが、結婚式から出席している方ですと結婚式のご祝儀にプラスして二次会会費となると結構な負担です。

あまり負担が増えるようだと「結婚式は出席して二次会は断ろうかな」とお考えになるゲストもいらっしゃいます。

景品などを用意するために会費を上げるのであれば、いっそのことゲームなどはなくして、別の費用がかからないようなものを入れるというのはどうでしょうか?

余興や演出、ゲームなどが苦手な人もいる

これもご披露宴と共通することであるのですが、一生懸命考えて工夫してくれている余興も「余興をやっている身内には大ウケしているけど、関係ないゲストは冷めている」というケースが見受けられます。

また二次会や飲み会でよくあるようなゲスト参加型のゲームなどは好きじゃないという方も多いです。
突然指名して前に出てきてもらって・・・ということを嫌だと感じる方もいらっしゃるのです。

先にも書いたようにゲストの皆様は新郎新婦のお2人をお祝いするために来てくださっていますので、二次会から参加のゲストが多い場合は、挙式や披露宴の映像などを流すというのを喜んでくださいます。

また、新郎新婦の2人がゲストの皆様のところへ万遍なく時間をかけて回って、ゲストとお話しするということを意外とゲストは望んでいたりするのです。

余興やゲームは準備なども大変な割にデメリットもありますので、ぜひゲスト目線での二次会進行を組んでみてはいかがでしょうか?

関連記事一覧

PAGE TOP