お役立ちブログ

二次会の撮影を友人に頼む前に!!お礼の相場を知っておこう

nijikai-satsuei二次会を行うのであれば残しておきたい写真やDVD・・・。でも会場で提携しているカメラマンに頼むと費用が結構高くなりますよね。もし撮影を友人に頼んだ場合、お礼の相場はどのくらいかご存知ですか?また、友人に頼む際に知っておかなければいけないメリット・デメリットはご存知ですか?
この記事では友人に撮影を頼んだ場合に新郎新婦が知っておくべきことをご紹介します。

友人カメラマンにはどのくらいのお礼がよい?

プロのカメラマンかどうかで相場が変わる

撮影を友人にお願いすると言っても、その方がプロなのかプロじゃないのかによってもお礼の相場は変わってきます。

いくら友人とはいえ、撮影を仕事としている人に素人と同じお礼をお渡しするというのはとても失礼です。

プロカメラマンの相場

撮影のプロとして活動されている友人にお願いする場合は、3万円程度と考えておくのがベストです。ちなみにこれは写真などを撮影してもらってデータをいただく場合の相場であり、DVD撮影+編集作業などもお願いするのであれば、当然のことながらさらに包む必要があります。

素人カメラマンの相場

また、素人の友人にカメラマンとして動いてもらう場合のお礼ですが、素人とはいえ二次会の時間中ずっとカメラを片手にいろいろな場所を撮影して回ってくれるのですから結構負担がかかります。
そのことも考えて、最低でも1万円程度は包むようにしましょう。

友人に撮影を頼む際の「メリット」とはどんなことがあるか?

友人に撮影を頼むメリットは金額

友人に撮影を頼む最大のメリットはやはり「金額」であるかと思います。

二次会会場に提携している撮影業者がいたとして、そこに頼むことになった場合は謝礼程度の金額では済まない可能性が非常に高いです。

ちなみに私がウェディングプランナーとして所属している会場でも披露宴だけではなく二次会会場としてご利用いただくお客様もいらっしゃいますが、二次会の写真撮影(後日データのみ納品)でも10万円はします。映像撮影はもう少し高いです。

友人にはリクエストを出しやすい

その他のメリットとしては、元々知り合いということもあって、当日こんな写真を撮ってほしいというリクエストを出しやすくなります。

通常カメラマンは、新郎新婦の表情や動きを撮影するほか、ゲストの方の楽しんでいるお顔や会場全体の雰囲気が感じられるような写真など、たくさんのシーンを万遍なく撮影してくれますが、「ゲストを中心に撮ってほしい」「自分達を中心に撮ってほしい」というような感じで、残したい写真の希望がある方にとってはメリットと言えるのではないでしょうか。

友人に撮影を頼む際の「デメリット」とはどんなことがあるか?

写真や映像がブレすぎていて何を撮っているかわからないものだけが残った

次に友人に撮影を頼む際の「デメリット」についてです。

これはプロではない友人に撮影を頼むことにした場合に非常に起きやすいトラブルですが、一番は「写真や映像がブレすぎていて何を撮っているかわからないものだけが残った」というケースです。

結婚式や二次会は、一生に一度のものになります。やり直しはできません。
終わってみたら写真や映像がほとんどダメだったとわかっても取り返しがつかないことになってしまいます。

自分達が友人に撮影をお願いした手前、文句を言うわけにもいかず、会場側に「どうにかなりませんか?」とご相談にいらっしゃる方もいるくらいですが、会場側もカメラマンの手配自体をしていないのでどうすることもできず、本当に気の毒に思います。

会場に慣れていない場合がある

その他に考えられるデメリットとしては、会場が提携しているカメラマンに比べて場所に慣れていないということが挙げられます。

プロの方とはいっても、初めて行く会場で撮影するのと、いつも撮影している場所での撮影とはやはり違いが出てしまいます。

カメラマンを友人に依頼する場合は、一度会場の下見に来ていただくようお願いすると良いかもしれません。

二次会専門のカメラマンにお願いする

友人にも楽しんでほしい

友人にカメラマンをお願いしたいけど、二次会も楽しんでほしいと思う新郎新婦もいます。

写真も残したいけど、友人にも楽しんでほしい…。
そんなときは二次会のカメラマンにお願いする人も多いです。

最近では3万円程度でお願いできるカメラマンも増えています。
⇒ 3万円程度でお願いできる二次会専門のカメラマン

撮影した写真を参加者全員に共有できるサービスなどもありますので、友人にも二次会を楽しんでほしいと思っている新郎新婦にはオススメです。

 

関連記事一覧

PAGE TOP