お役立ちブログ

新郎必見!結婚式二次会の服装で知っておくべき3つのこと

groom二次会の衣装と聞いて「こういうのですね」とハッキリ明確に浮かぶ方はあまり多くないかもしれません。二次会への参加経験があっても、なかなか覚えていないものですよね。
この記事では「これを知っておけば間違いない!」という結婚式二次会の服装についてご紹介します。

 

1.披露宴で着た衣装を二次会までレンタルする

これは多くとられている方法なので、もしかしたらご存知の方も多いかもしれません。
結婚披露宴のお色直しでお召しになった衣装をそのまま二次会会場まで着て行くということが可能です。(衣装店によっては二次会延長料が発生するところもありますので確認しましょう)

もちろん、お色直しの衣装だけではなくウェディングドレスの時と合わせたタキシードを着用していくことも可能ですが、お色直しのタキシードから着替える手間もありますので、披露宴で使用したタキシードで二次会に行くという場合は、お色直しのタキシードで行かれることがほとんどです。

二次会は披露宴より少し砕けた雰囲気で行うことがほとんどですので、華やかなカラードレスと合わせて選んだタキシードで行くというのは雰囲気にも合ってピッタリではないでしょうか。

また、二次会は、結婚式の後=夜に行われることが多いですので、男性の夜の正礼装という意味合いでもタキシードは合っています。

2.自前のスーツに少しだけいつもと違う華やかさをプラス

ご自前のスーツで二次会会場に行くという方も結構いらっしゃいます。二次会会場の雰囲気や内容を考えると披露宴で使用するタキシードよりも、スーツの方が合っているというケースもあるかと思います。

結婚式の後に二次会を行う場合は男性ゲストもほとんどの方がスーツで来るでしょうし、新郎もご自前のスーツで行くという場合は他の男性ゲストと同じ装いにならないように、少し工夫を加えると良いと思います。

例えば、ブートニアを胸元に付けていく、普通のネクタイではなく蝶ネクタイやアスコットタイのようなものを着用する、ポケットチーフを華やかな色にする・・・など、様々な方法があります。

二次会の日は『主役』ですので、少し工夫をプラスして華やかさができるようにしましょう。

3.二次会用の衣装をレンタル(購入)する

なんらかの理由があって披露宴で着用した衣装を二次会会場に着て行けなかったり、結婚式と二次会が別日に行われるという場合などは、二次会用の衣装を別でレンタルや購入するという方法もあります。

ご自前のスーツですとダーク系の暗めのお色しか持っていないということも珍しくありませんが、二次会用の衣装を別で用意することで、赤や白などの普段使用できないような色を着用することが可能になります。

結婚式用の衣装を借りる衣装店で二次会用衣装を用意してある場合もありますので、衣装店に相談してみると良いかもしれません。また、二次会用だけ別の衣装店で借りるということももちろん可能ですので、興味がある方はぜひ調べてみてください。

関連記事一覧

PAGE TOP